WEBに接続を行う際は、必ずISPを通すことになります。ISPの多くはセキュリティ面での実装は期待できません。

プロバイダーを変更検討にてWEB契約すること。
プロバイダーを変更検討にてWEB契約すること。

WEBが普及して思うこと。

WEBを運営する際に必ず必要となってくるのがWANの知識です。インターネットを接続する時に、IPアドレスが必要になりますが、DHCPサーバがIPアドレスを端末に付与していき、それが住所となり、住所が明らかにして初めて、インターネットを使用することができます。WANは基本的にISPが行う仕事ですので、クライアント側で設定するのはDHCP、接続の際に必要なキーのみとなります。無線接続が普及してから、10分程度でインターネットに接続できるようになり、便利な世の中になりました。

最近では、社内システムの運営もWANで行う企業が増えているように思います。自社でサーバを管理するよりも、他社に任せてしまえば、ネットワークエンジニアを複数名雇うより、手っ取り早く済むからです。そうなってくると、求められるのはセキュリティの技術です。ISPには大きな信用はありませんから、まだまだLANが減衰することはないでしょうが、万が一、何の知識もなくWANを使用する企業が現れたとなれば、この会社は会社としては成り立たない、生み出す情報には何の価値もない、単なる営利目的の団体としてしか受け止められない、ということになります。

Copyright (C)2021プロバイダーを変更検討にてWEB契約すること。.All rights reserved.